訪問介護の事務作業は介護ソフトにお任せ〜職場環境を構築せよ〜

介護

介護現場を支える味方登場

女性

ホームヘルパーの仕事は大変な面も多いですが、大きなメリットもあります。ホームヘルパーはパート契約で働いていることが多いのですが、自分が仕事を行ないたいときだけに出勤を限定することができます。時間的に余裕を持って仕事を行うことができるため、家事や育児との両立をしやすいでしょう。また、ホームヘルパーは利用者の自宅で色々な援助や介助を行うため、利用者と過ごす時間も長いのです。深い繋がりができていくことを肌で感じることができますし、感謝の気持ちを身近で受け取ることができるのです。やりがいを感じられ、誰かの役に立っていると実感することができます。また、利用者によっては生活援助だけを求めている場合や身体介護を重点的に行ってもらいたいなど希望も様々です。一日に何件かの家を訪問することがあるため、利用者によって仕事の内容に違いがあることは負担の軽減にも繋がります。難易度はすべて一定ではないため、楽しく仕事を続けることができるでしょう。

ホームヘルパーは訪問する利用者の情報をしっかり記憶しておく必要があります。薬のことや病気のこと、身体的な症状も重要なポイントとなります。また、ホームヘルパーはボランティアではないため、介護保険やスケジュール管理などの事務的な手続きも行う必要があります。しかし、事務的な作業を困難に感じてしまうことも多く、多くの事業所が頭を抱えていました。しかし、介護ソフトが登場したことでこうした事務的作業にかかっていた時間を短縮することができています。データを記載する際のケアレスミス防止は勿論のこと、介護保険サービスについての情報を管理することもでき、利用者のサービス提供をする日の取り決めやスケジュール管理などを一括して行ってくれるのです。請求書などを作成する際にも利用することができ、現場のホームヘルパーへ情報をメールで送信することも可能となっています。現場の混乱を最低限にし、事務的作業にかかる時間を節約することで、より質の高いサービスを提供することができるようになるでしょう。