訪問介護の事務作業は介護ソフトにお任せ〜職場環境を構築せよ〜

介護

訪問介護のお仕事

食事

介護を行う形態には様々なものがあり、一般的に知られている利用者が施設に入居するタイプや、利用者が自宅から施設まで通う通所介護、介護士が利用者の自宅へ訪問してサポートを行う訪問介護などが挙げられます。この中でも訪問介護は少々特殊なものだと考えることができるでしょう。施設入居や通所介護に関しては、サポートを行う場所は介護事業所や営業所などの施設になりますが、訪問介護に関しては利用者の自宅です。施設に比べ勝手が悪いこともありますし、介護リフォームがなされていない住宅の場合だと不便さは更に際立つでしょう。そんな大変な状況の中で訪問介護を行うホームヘルパーの仕事内容は、生活援助や身体介護、病院へ行く際の付き添いなどがあります。

生活援助は文字の通り、生活に必要不可欠な作業のサポートです。掃除や洗濯を行うことは勿論、食料品などの買い物やゴミ出し、食事を作るなどの暮らしのサポートを指しています。身体介護は身体が不自由な利用者を介助することを意味しており、食事や入浴、排泄に関しての介助を行ないます。寝たきりの利用者の場合なら、床ずれを起こさないように寝ている体位を変えてあげます。また、通院している高齢者は多く、家から病院前まで付き添いに行くこともホームヘルパーの仕事の一つです。事業所の車やタクシーなどからの乗り降りの手伝いが主な役割となっています。仕事の内容は利用者によって様々ですが、自立した生活をおくっている人の場合は生活援助だけを依頼することも多いですし、身体が不自由なことが多い利用者に関しては身体介護を行ないます。ホームヘルパーとして働いている介護士の平均年齢は高めで、福祉の仕事に従事する若者は未だ多いとは言えません。若手に育成が介護の現場での課題となっています。