訪問介護の事務作業は介護ソフトにお任せ〜職場環境を構築せよ〜

介護

ホームヘルパーになる

介護

介護の現場は人材の不足が懸念されており、多くの事業所で若手の育成が課題となっています。ホームヘルパーになるためには資格を取得する必要があり、介護職員初任者研修というものがそれにあたりますが、取得自体は難しくはないとされています。在宅介護や施設介護などの形態に関わらず、介護に関わる仕事に従事するなら優遇されやすい資格と言えるため、ホームヘルパーを目指している人以外であっても福祉系に進もうと考えているのであれば、取得しておいて損はないでしょう。ホームヘルパーとして働く場合の雇用形態ですが、正社員で働いている人は少なく、多くの人がパート契約として働いています。パートなので働く時間数や日数は自分で決めることができるため、給与の面で仕事の量を考えることもできますし、プライベートが忙しいときにはゆっくりのペースにすることも可能となっています。正社員として訪問介護を行う際には、パートの場合よりも拘束時間が長いため、より体力を必要とします。

ホームヘルパーと同様の仕事に、夜間に訪問介護を行う「夜間対応型訪問介護」があります。仕事内容はホームヘルパーと変わらないのですが、時間帯が大きく異なるでしょう。勿論、介護事業所によってサービス内容に違いはありますが、幅広い仕事を請け負っている事業所の場合には早朝や夜間でも訪問介護を積極的に行っていることは少なくないでしょう。定期的に利用者の自宅を訪問する定期巡回と呼ばれる形態と、利用者が必要な場合にのみ訪問を行う随時訪問があるため、時間を確保しやすい人が早朝や夜間の訪問介護を行うことが多いです。特に随時訪問の場合には、いつでも駆けつけられるように待機しておく必要があるため、時間的な制限が無い人に適していると言えます。昼間の訪問介護よりも給与面では高額になるため、体力的にも精神的にも大変な仕事ですがやりがいを感じることはできるでしょう。